住宅あれこれQ&A

生活サポート業務

保険代理店業務

 都内地域情報 会社概要

 

 引越し激安プラン特別価格コーティングお友達紹介システムコラムと豆知識お問合せフォーム

照明機器コーティングエアコンカーテンカーペット家具

 

家具選びのポイント

家具 一番大切なのは、部屋の用途や動線や使い方、さらに 空間のイメージをはっきり持って、家具などのレイアウトも考えながら設計をすすめるこ とです。インテリアのイメ一ジは、様々な要素が統合されて得られるものです。したがっ て家具も、色や形だけではなく、大きさや空間に占めるボリユームもよく考えておきたい ものです。部屋の広さ、窓の高さやドアの大きさ、置きたい家具のサイズなどを正確に把 握して、家具のレイアウトを検討するとよいでしょう。「お気に入りの家具が引き立つよ うに」、「床でゴロゴロしたいからなるべく家具は置かず」など、リビングでの家族の過 ごし方を考えながら、優先すべきポイントをしぼりこんでいくことがプランニングの第一 歩。基本的には、移動の難しい大型の家具から位置を決定していきます

 家具のレイアウトを考える時に、気をつけなければならないのが、収納家具の扉や引き 出しなどの周囲です。開閉がスムーズに行えることはもちろんですが、物の出し入れとい った作業のためのスペースも必要です。置き場所の確保だけでなく、椅子とテーブルの距 離・通路スペース・作業のできるスペースといった「ゆとり」の部分にも気を配るようにし
ます。

応接セット
 ソファとテーブル・椅子の応接セット。以前はリビングの主役として、な くてはならないもののようでした。しかし、最近ではあえて応接セットを置かずに、広い 床でくつろいだり、気に入った椅子やテーブルを集めて、オリジナルセットをつくる家庭 も増えています。応接セットを並べるにしても、接客室としての要素より家族でくつろぐ ことを重視するなら、従来の対面型の配置はおすすめできません。正面から向き合って座 るより、リラックスできるL字型などの方が、会話もはずむのではないでしょうか。

テレビ
 リビングに置くもののレイアウトを考える時、十分に考えておきたいのがテレ ビです。食事をしながらでも見られるように、くつろいで見られるように…となれば置き 場所はおのずと限定されてきますが、問題は見る人の視点。ダイニングやソファに座って テレビを見る時その視線が遮られるようでは困ります。座った時の目線の高さ、テレビと の距離なども考慮に入れて置き場を考えましょう。音にこだわる人なら、スピーカーの位 置も事前に検討しておきたいものです。

間仕切り家具の使い方 家具
 ダイニング・キッチンとつながったリビングは確かに開放感がありますが、壁面が少な いため家具の配置が難しいことがあります。また広い部屋の壁に沿って、家具がぐるりと 並んでいるようではインテリア性もいまひとつ。そんな時に取り入れたいのが間仕切り家 具です。目線を遮らない程度の背の低いキャビネットや、オープンシェルフの飾り棚など で、食事のためのコーナー・くつろぎのためのコーナーを明確にします。普段は仕切って、 パーティの時は広くして…と使い分けたいなら、キャスターの付いた家具がおすすめです。

・選ぶときの注意
 家具のイメージは、素材や色・テザインなどによって決まります。好みのものを揃えた のに、なんだかチグハグな感じがする、すっきり見えないというのは、そのイメージがま とまっていないということ。好き・嫌いだけでなく、リビングのイメージをきちんとしぼ り込まないと、コーディネートはうまくいきません。例えば、「落ち着きのある和風の部 屋にしたい」「モノトーンでシンプルに」というふうに、方向性を決めておくことが大切 です。

統一感
 リビングのインテリア性を高め、チグハグな印象を避けるためには、家具の素材・色・ デザインのいずれかを統一することか基本。といっても、全部を揃えてしまうとつまらな い印象になってしまうので、アクセントを付けるようにします。最近では、温か味のある 木の家具が人気を集めているようですが、その場合は、ドアや床など部屋の木部に合わせ て、チークパイン・ウォールナットといった木の種類・塗装まで統一するようにします。 木目のくっきりとした家具は、集めるとうるさくなりがちなので、ベースは落ち着いた色 調のシンプルなものがいいようです。さらに、布張りのソファを組み合わせる、ファブリ ックで変化を付けるなどして目をひくポイントをつくるようにしましょう。木や布・和紙 や竹・スチール・革などの素材感、シンプル・クラシック・モダンといったデザイン、ベ ースカラー+アクセントカラーをトータルに考えて、楽しみながらプランニングしてくだ さい。

床/壁/天井との調和
家具 インテリアを構成するのは、家具だけではありません。床・壁・天井といった、大きな 面積を占める部分の色や素材についても、十分に検討しましょう。最近では、欧米風の華 やかな壁紙や、コンクリート打ち放し壁といったケースも増えていますが、これは住み手 のイメージがよほどはっきりとしていないと難しいもの。一般的には、ベージユ系やグレ ー系など、穏やかで合わせやすい色を選び、家具や小物でメリハリを付けるようにすると 失敗しません。さらに、床から天井へと、上にいくにしたがって色が薄く明るくなるよう にすると、圧迫感がなくなります。




基本的な分類
 よそのお宅を訪間した時、雑誌をながめている時、思わず真似したくなるようなすてきなインテリアに出会うことがあります。そんな時、そのインテリアのどこにひかれるのか、 何が気に入ったのかを具体的に考えてみると、共通した要素があるのではないでしょうか。 好きなもの・気に入ったものをたくさん見つけていくなかで、「私」の好みの傾向がはっ きりと浮かんでくることが、イメージを固める近道。まずは、以下に挙げた基本的なイン テリアイメージにあなたのお気に入りをあてはめて、おおよその傾向をつかんでみましょ う。

・カジユアル
気取らない、ラフな感じ。白をベースに赤やグリーン・黄色 などをポイントとした鮮やかさ、ストライプやマドラスチェックの軽快さなど、若々しい イメージです。

・ナチュラル
木や和紙、レンガなど自然な素材感を重視した温か味のある インテリア。ベージユ系やオレンジ、オリーブグリーンなど落ち着きのある素朴な雰囲気 です。

・シンプル
装飾的な要素を取り除き、かといって軽くなりすぎない洗練され たムード。
白とベージュ・グレーなど、色味を押えた微妙な色合いが、都会的な空間を演出します。

・クラシック
伝統を踏まえたスタイル。時代によって違いはありますが、 深味のある色を何色も組み合わせたり、柄のはっきりとした壁紙・装飾性の高い家具など か格調の高さを演出します。

・エレガント
優椎で柔らかく、穏やかなイメージ。グレーがかったピンク やブルーなど、甘さを抑えた中間色でまとめ、コントラストを弱くします。曲線を活かし た家具が似合います。

・モダン
メタリックやタイル・石など、硬質な素材を主役にしたインテリア。 直線的で装飾の少ない家具が、モノトーンと相まって、クールなイメージを強調します。



必要な家具を具体的にリストアップする家具
 それぞれの生活設計の中で、どのような家具が必要なのかご検討された上で、目的に適した品目や機能・大きさなど、日常の使い方や使用頻度・家族構成、さらに収納家具であれば中に納める品物の数量 や大きさ、それに将来のことも考えて決められることをお薦めいたします。

置く場所を考え採寸する
 家具を置く部屋の大きさや購入する家具の寸法を確かめる事は、家具を選ぶ一番大切な事柄です。
 大きな売り場で、家具は比較的小さく見えます。部屋の寸法を実測し、特に応接セットやベッド類は周囲の余裕を十分にとるように計画して下さい。
 また、壁やカーテン・じゅうたんの色柄・ 他の家具や室内の調度品など、部屋全体のバランスも考えた家具の選びかたも大切ではないでしょうか。

材質

・天然木(むく板)
 楢(ナラ)、樺(カバ)、チーク、ウォルナット等一枚板を使った家具は、材種の持つ独特な色調や木目がそれぞれ異なり、自然が残っていることから、買う人の興味を引くと共に、使ってくると木の自然の模様に愛着が出てくると言われています。

・化粧合板(突板)
 良材から取った薄い突板が合板に接着された表面 材で、突板は薄いもので約0.2mmからありますが、表面から厚みを見分ける事はできません。
 厚い突板を使ったものほど塗装を含め、木目模様など表面材料に深みがあります。

・プリント合板(塩ビシート合板)
 突板のかわりに各種の合成樹脂フィルムを張ったものです。カラフルなプリントのカラー合板から、天然木を印刷した木目紙、また木目に同調させてエンボス加工(道管模様にへこましてある)した塩ビシート等で表面 仕上げした家具があります。
 色調はそろっていますが、自然の木と異なり、天然木独特の艶や木目の深みがありません。

・塗装仕上げ
 天然木(むく板)や突板、また木目紙などの仕上げとして様々な色調に種々の方法で塗装仕上げが行われています。
 甲板の表面塗装にはウレタン塗料が良いと言われていますが、塗料それぞれに一長一短があります。

・合成樹脂・大理石・金属板等
 テーブルの甲板にメラミン化粧板を使うなど合成樹脂や大理石、またガラス板、金属板などが使われています。
 木材を含め、それら材料の性質や感触、また材料の持つイメージを十分に生かし、使用実感に合わせ、適材適所に使われている事は、互いの材料を引き立てる結果 となっています。



Copyright (C) 2004 Escrow Service Corporation. All Rights Reserved